スキップしてメイン コンテンツに移動

【和訳】It's a Long Way to Tipperary 遥かなティペラリー

"It's a Long Way to Tipperary" は作詞Jack Judge,Henry James "Harry" Williamsのイギリスのミュージックホール・ソング。第一次大戦時に有名となった。

 "It's a Long Way to Tipperary" is a British music hall song written by Jack Judge and co-credited to Henry James "Harry" Williams.It became popular among soldiers in the First World War and is remembered as a song of that war.
歌詞
1.
Up to mighty London came an Irishman one day
ロンドンの中心に、アイルランド人が一日でやってきた

As the streets are paved with gold, sure ev´ryone was gay;
道は黄金で覆われ、そう、皆は陽気だ

Singing songs of Piccadilly, Strand and Leicester Square
ピカデリーの歌声に、ストランドに、レスター広場

Till Paddy got excited, then he shouted to them there:
パディーは興奮し、皆にこうに叫んだ

※繰り返し
It´s a long way to Tipperary
遥かなるティペラリー

It´s a long way to go;
遥かなる道よ

It´s a long way to Tipperary
遥かなるティペラリー

To the sweetest girl I know!
私の知る愛しき娘よ

Oh, good-bye to Piccadilly!
ああ、さようならピカデリー

Farewell, Leicester Square!
さらば、レスター広場よ

It´s a long, long way to Tipperary
ティペラリーは遥か遠くとも

But my heart lies here!
私の心はそこにある

2.
Paddy wrote a letter to his Irish Molly O
パディーは彼のアイルランド人のモリー・オーに手紙を送った

Saying, "Should you not receive it
もしも受け取らなかったのなら

Write and let me know!
手紙で知らせてくれと言って

If I make mistakes in spelling, Molly dear," said he
もし綴りが間違っていたなら、親愛なるモリーよ、彼は言った

"Remember it´s the pen that´s bad
覚えていてくれ、悪いのはペンだから

Don´t lay the blame on me."
僕を責めないでくれ

※繰り返し

コメント

このブログの人気の投稿

【和訳】Pack Up Your Troubles in Your Old Kit-Bag

第一次大戦時の行進曲、1915年に発表された。作曲は Felix Powell、作詞はGeorge Henry Powell。

This is a World War I marching song, published in 1915 in London. It was written by Welsh songwriter George Henry Powell under the pseudonym of "George Asaf", and set to music by his brother Felix Powell.

歌詞:
1.
Private Perks is a funny little codger
パークスは滑稽な、小さな変人だ

With a smile a funny smile.
笑みを浮かべたー滑稽な笑みよ

Five feet none, he's and artful little dodger
5フィートもない、ずる賢い小さなやつだ

With a smile a funny smile.
笑みを浮かべたー滑稽な笑みよ

Flush or broke he'll have his little joke,
赤らむか、場を乱し、彼にはささやかな冗談がある

He can't be suppress'd. 彼は止められない
All the other fellows have to grin 他の奴らは皆にやつくのだ
When he gets this off his chest, Hi! 彼がそれを言う時に、おお!

※chorus:
Pack up your troubles in your old kit-bag,
悩みは雑嚢にしまいこんで

And smile, smile, smile,
そして笑おう、笑おう、笑おう

While you've a lucifer to light your fag,
煙草を吹かしている間に

Smile, boys, that's the style.
笑おう、それがスタイルだ

What's the use of worrying?
悩みでなにができるのだろか

It never was worth while, so それには…

The Washing on the Siegfried Line/僕たちはジークフリート線に洗濯物を干しに行く

作曲 ジミー・ケネディ 作詞 マイケル・カー

(説明)
第二次大戦初期にイギリスで流行した歌。独仏国境のドイツ側の要塞、ジークフリート線について。大戦初期の呑気さが感じられる。
(歌詞)
英語                                                            日本語
1.
Mother dear, I'm writing you from somewhere in France, 母さん、僕は今フランスで手紙を書いているよ
Hoping this finds you well.              無事に届くよう祈っているよ
Sergeant says I'm doing fine, a soldier and a pal, 軍曹は僕も仲間もうまくやっていると言ってくれるよ
Here's a song that we'll all sing,it'll make laugh!     そして僕ら皆が歌う歌もあるよ、きっと母さんも笑うよ!

※繰り返し
We're going to hang out              僕らはジークフリート線に洗濯物を干しにゆく。
the washing on the Siegfried Line.                            

Have you any dirty washing, mother dear?     母さん、汚れた洗濯物は持ったかい? We're gonna hang out               僕らはジークフリート線に洗濯物を干しにゆく。
the washing on the Siegfried Line.                  
'Cause the washing day is here.          だって今日は洗濯日和だもの。
Whether the weather may be wet or fine.           天気が良かろうと悪かろうとも、
We'll just rub along without a care.        僕らは気にせずしっかり洗う。
We're going to hang…